天香具山蒔絵鏡台 あまのかぐやままきえきょうだい

漆工 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・16~17世紀
1基

基台部の各面には、遠景になだらかな起伏をもつ山々を配し、近景に菊や香炉、松の枝にかけられた衣を描いています。「春すぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山」の和歌による意匠で、主に平(ひら)蒔絵と絵梨子地(えなしじ)によって表わされています。桃山期に流行した高台寺(こうだいじ)蒔絵の一例です。

作品所在地の地図

関連リンク

天香具山蒔絵鏡台チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋草蒔絵楾
秋草蒔絵香箪笥
秋草蒔絵見台
檜垣枝菊蒔絵沈箱
菊蒔絵座屏
ページトップへ