秋草蒔絵見台 あきくさまきえけんだい

漆工 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・16~17世紀
1基

表面には隈なく、秋草をのびのびと描き、華やかに飾っています。 技法は金の平【ひら】蒔絵を主体にして、所々に絵梨子地【えなしじ】を交えています。文様・技法ともに伝統的な蒔絵とは異なり、いわゆる高台寺蒔絵の一例で、桃山という進取の時代にふさわしい斬新な表現です。

作品所在地の地図

関連リンク

秋草蒔絵見台チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋草蒔絵小重箱
秋草蒔絵楾
秋草蒔絵香箪笥
芒元結蒔絵元結箱
御簾秋草蒔絵炉縁
ページトップへ