秋草蒔絵柄鏡箱 あきくさまきええかがみばこ

漆工 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・16~17世紀
1合

 平蒔絵と絵梨子地を主体にして、菊や桔梗などの秋草を描いている。深い被蓋造の箱で、中に懸子を一枚収めている。後世の柄鏡箱に較べて小振りで、丈も高いが、薄くて小型の柄鏡を懸子に載せ、身の内に櫛や白粉入など簡単な化粧道具を収めたものとみられる。
(ひら えなしじ かぶせぶたづくり かけご)

作品所在地の地図

関連リンク

秋草蒔絵柄鏡箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋草蒔絵香箪笥
秋草蒔絵楾
御簾秋草蒔絵炉縁
秋草蒔絵見台
菊蒔絵鏡箱
ページトップへ