秋草蒔絵小重箱 あきくさまきえしょうじゅうばこ

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 / 江戸 

江戸時代・17世紀
1合

金の平蒔絵(ひらまきえ)に絵梨子地(えなしじ)や針描(はりがき)を交えて芒(すすき)、菊、撫子(なでしこ)、竜胆(りんどう)などの秋草を描き、空間は梨子地の雲で埋めています。斬新な文様構成、平明な蒔絵技法など、いわゆる高台寺蒔絵の系統を受け継いだ作例です。

作品所在地の地図

関連リンク

秋草蒔絵小重箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋草蒔絵見台
秋草蒔絵香箪笥
芒葛蒔絵湯桶
芒元結蒔絵元結箱
秋草桐紋蒔絵手拭掛
ページトップへ