文化遺産オンライン

菱貝蒔絵硯箱

ひしかいまきえすずりばこ

作品概要

菱貝蒔絵硯箱

ひしかいまきえすずりばこ

漆工 / 江戸

江戸時代・17世紀

木製漆塗

1合

 画面を区切って異なる文様を組合わせるデザインや、平(ひら)蒔絵に絵梨子地(えなしじ)を交えるなど、桃山期に流行した高台寺蒔絵に連なる特色を示す。ただし針描(はりがき)を交えず、貝の部分は梨子地に高(たか)蒔絵で表わすなど、形骸化した様相も認められ、江戸時代に入ってからの作品と考えられる。

菱貝蒔絵硯箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

蒔絵 / 絵梨子 / 高台寺 / なしじ

関連作品

チェックした関連作品の検索