芒葛蒔絵湯桶 すすきくずまきえゆとう

漆工 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・16~17世紀
1口

器体の側面から蓋上、把手にかけて、金の平蒔絵に絵梨子地や針描を交え、芒と葛をのびのびと描いている。図柄は側面から蓋上まで流れるように連続しており、葉や蔓が風に靡くさまが表現される。このような技法や文様は、安土桃山期に流行した高台寺蒔絵の典型を示している。とって えなしじ はりがき

作品所在地の地図

関連リンク

芒葛蒔絵湯桶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋草蒔絵香箪笥
芒元結蒔絵元結箱
秋草蒔絵小重箱
芒扇面散蒔絵香盆
桜蒔絵角盥
ページトップへ