文化遺産オンライン

菊蒔絵鏡箱

きくまきえかがみばこ

作品概要

菊蒔絵鏡箱

きくまきえかがみばこ

漆工 / 室町

室町時代・15世紀

1合

金の研出【とぎだし】蒔絵だけで、水際の菊花や小鳥を描いた鏡箱。蓋裏や底裏にも、菊の折枝や飛鳥が散らされています。もとは身の回りの小物を収めた手箱の内容品と推定。研出蒔絵で描く単弁の菊は、中世の意匠にしばしば見受けられるもので、古雅な趣を見せています。

菊蒔絵鏡箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

蒔絵 / 手箱 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索