菊蒔絵鏡箱 きくまきえかがみばこ

その他の画像全4枚中4枚表示

漆工 / 室町 

室町時代・15世紀
1合

金の研出【とぎだし】蒔絵だけで、水際の菊花や小鳥を描いた鏡箱。蓋裏や底裏にも、菊の折枝や飛鳥が散らされています。もとは身の回りの小物を収めた手箱の内容品と推定。研出蒔絵で描く単弁の菊は、中世の意匠にしばしば見受けられるもので、古雅な趣を見せています。

作品所在地の地図

関連リンク

菊蒔絵鏡箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

千鳥蒔絵手箱
片輪車蒔絵螺鈿手箱
菊蒔絵手箱
菊枝蒔絵手箱
秋草蒔絵柄鏡箱
ページトップへ