菊蒔絵座屏 きくまきえざびょう

漆工 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・16~17世紀
1基

座屏とは、座のかたわらに置く屏風のことです。本作は鳥居形の刀掛に背板をつけ、小さな衝立(ついたて)に仕立てています。装飾は平蒔絵(ひらまきえ)と絵梨子地(えなしじ)を主体にしており、いわゆる高台寺蒔絵の一例です。横木や脚部には小さな桐紋を規則的に並べ、背板には土坡に菊の図をのびのびと描いています。

作品所在地の地図

関連リンク

菊蒔絵座屏チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋草蒔絵香箪笥
秋草蒔絵見台
秋草桐紋蒔絵手拭掛
天香具山蒔絵鏡台
菊蒔絵瓶掛
ページトップへ