籬菊蒔絵机 まがきにきくまきえつくえ

工芸 / 安土・桃山 / 近畿 

奈良県
桃山
地覆をつけた几帳面取四脚の机で、脚の三方に三本ずつの菱形桟を嵌める。甲面両端に筆返しをつくり、それの外側を巻込耳とする。総体黒漆塗、甲板の意匠は右に籬、左に蔦のからむ柴…
高24.8  甲板横長102.5  幅38.0  厚2.0 (㎝)
1基
公益財団法人大和文華館 奈良県奈良市学園南1-11-6
重文指定年月日:19630701
国宝指定年月日:
登録年月日:
近鉄グループホールディングス株式会社
国宝・重要文化財(美術品)

形の構成に変化があり、図様も味わい深い佳品である。岩、竹、蔦などの表現に室町様式の名残が認められ、いわゆる高台寺蒔絵の先駆的作品として、蒔絵史上において注目すべき遺例である。

作品所在地の地図

関連リンク

籬菊蒔絵机チェックした作品をもとに関連する作品を探す

群鹿蒔絵笛筒
銅板地花鳥螺鈿説相箱
夕顔蒔絵硯箱
埴輪男子立像
埴輪鷹狩男子像
ページトップへ