群鹿蒔絵笛筒 ぐんろくまきえふえづつ

工芸 / 江戸 / 近畿 

奈良県
江戸
金地に金高蒔、金貝、螺鈿、鉛貼付の手法で群鹿を表す。筒上部に銀緒を通す。鐶を装し、底先に孔を穿ち、鉛板をきせる。附の笛は、竹管に吹口に八口を穿ち、その間に樺を巻、黒漆を…
長39.6  径3.3  (㎝)
1筒
公益財団法人大和文華館 奈良県奈良市学園南1-11-6
重文指定年月日:19591218
国宝指定年月日:
登録年月日:
近鉄グループホールディングス株式会社
国宝・重要文化財(美術品)

光悦作と伝えられるもので、文様と技法の見事な調和を示す逸品である。

作品所在地の地図

関連リンク

群鹿蒔絵笛筒チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銅板地花鳥螺鈿説相箱
籬菊蒔絵机
藤花鹿図太刀金具〈(冑金、石突、表目貫欠)/〉
著色画扇面貼付手筥〈尾形光琳画/〉
埴輪男子立像
ページトップへ