木製彩画乱筥〈尾形乾山画/〉 もくせいさいがみだればこ〈おがたけんざんが〉

工芸 / 江戸 / 近畿 

尾形乾山
奈良県
江戸
桐材の素地に彩画を施したもので、外部は側から底裏にわたって薄の図を描き、白緑、金泥、朱、胡分、墨が用いられている。内部は波に千鳥の図で、千鳥は金泥、その他は濃い墨で描い…
縦27.3  横28.8  高6.1  (㎝)
1箇
公益財団法人大和文華館 奈良県奈良市学園南1-11-6
重文指定年月日:19390527
国宝指定年月日:
登録年月日:
近鉄グループホールディングス株式会社
国宝・重要文化財(美術品)

外側面から底裏にわたって、白緑、金泥、朱、胡分、墨などを用いて薄を描き、内面には金泥と墨を用いて波に千鳥を描いている。大らかな構図で装飾的効果を表し、乾山独自の詩趣にも富んだ稀有な乱筥である。

作品所在地の地図

関連リンク

木製彩画乱筥〈尾形乾山画/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

著色画扇面貼付手筥〈尾形光琳画/〉
銹絵観鴎図角皿〈尾形乾山作/尾形光琳画〉
銹藍金絵絵替皿〈尾形乾山作/〉
刺繡五髻文殊像掛幅
色絵竜田川文透彫反鉢〈尾形乾山作/〉
ページトップへ