桐紋散双鶴鏡・桐紋蒔絵鏡箱

その他の画像全3枚中3枚表示

金工 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・16~17世紀
1合
銘文:銘 「天下一青」

 器全体を梨子地として、蓋表に金の平蒔絵で七つの桐紋を表わしている。いわゆる高台寺蒔絵に属するもので、京都の高台寺に伝わる調度に近似した優品である。大型で出来の良い鏡と一具をなしており、制作当初の内容品とともに伝来した貴重な作例でもある。

作品所在地の地図

関連リンク

桐紋散双鶴鏡・桐紋蒔絵鏡箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

桐鳳凰蒔絵脇息
松御簾蒔絵硯箱
桐文様〔桐丸紋笹枝〕蒔絵硯箱
叢梨地牡丹唐草向鶴紋散蒔絵調度
秋草桐紋蒔絵手拭掛
ページトップへ