松御簾蒔絵硯箱 まつみすまきえすずりばこ

その他の画像全3枚中3枚表示

漆工 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・16~17世紀
1合

硯箱の蓋表を対角線上で電光形に区切り、一方は梨子地に金平蒔絵で松・御簾・桐紋を描き、他方は黒漆地に金平蒔絵で菊枝と菱唐草をあらわしています。高台寺蒔絵には従来の漆芸意匠の常識を破った斬新なデザインによる作品が多く、これもその典型といえるでしょう。

作品所在地の地図

関連リンク

松御簾蒔絵硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

桐文様〔桐丸紋笹枝〕蒔絵硯箱
菱貝蒔絵硯箱
八橋蒔絵螺鈿硯箱〈尾形光琳作/〉
桐紋散双鶴鏡・桐紋蒔絵鏡箱
砧蒔絵硯箱
ページトップへ