桐鳳凰蒔絵脇息 きりほうおうまきえきょうそく

漆工 / 安土・桃山 

安土桃山時代・16世紀
1基

脇息は座った時に肘を乗せて寄りかかるための調度である。甲板の表面には金蒔絵で桐鳳凰や竹雀紋・鶴丸紋を描き、脚には流麗な唐草文を表わしている。桃山期の蒔絵調度は稀少であり、また家紋を散らすところから、近世初頭の大名道具の実例とみられ、貴重な存在となっている。

作品所在地の地図

関連リンク

桐鳳凰蒔絵脇息チェックした作品をもとに関連する作品を探す

桐紋散双鶴鏡・桐紋蒔絵鏡箱
桐文様〔桐丸紋笹枝〕蒔絵硯箱
秋草桐紋蒔絵手拭掛
秋草蒔絵香箪笥
黒漆塗花杏葉紋桐唐草蒔絵飯櫃・杓子
ページトップへ