文化遺産オンライン

脇息

きょうそく

作品概要

脇息

きょうそく

漆工 / 江戸

江戸時代・19世紀

木製漆塗

幅101.5,奥行27.5,高34.2

1基

このように直線的な形の長い脇息(きょうそく)は、古い形式のもので、座席の前方に置き、甲板(こういた)に両肘をかけてくつろいだ。手水(ちょうず)のときには、脇息に袖をかけて両手を差し出し、湯水をかけてもらう作法もあった。紫檀(したん)で作られ、甲板の両端に方形の銀(ぎん)象嵌(ぞうがん)がある。

脇息をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

甲板 / 脇息 / きょうそく /

関連作品

チェックした関連作品の検索