文化遺産オンライン

牡丹花肖柏像

ぼたんかしょうはくぞう

作品概要

牡丹花肖柏像

ぼたんかしょうはくぞう

絵画 / 室町

室町時代・大永7年(1527)

絹本着色

80.4×37.9

1幅

重要文化財

室町時代の連歌師・牡丹花肖柏の肖像画。畳の上で脇息によりかかり、片膝をたてる姿は歌聖・柿本人麻呂像を模したもの。画面の半部ほどを占める、建仁寺の常庵龍崇によって書かれた賛によると、本図は肖柏の没後に描かれた遺像であることが分かる。(ルビ:れんがし、きょうそく、かせい、かきのもとのひとまろ、じょうあん りゅうそう、いぞう)

牡丹花肖柏像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 肖像 / / 室町

関連作品

チェックした関連作品の検索