回塘重淵像 かいとうちょうえんぞう

水彩 / 室町 / 愛媛県 

性海霊見賛
しょうかいれいけんさん
室町時代
絹本著色
113.0cm×55.0cm
1幅
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
常定寺(愛媛県歴史文化博物館寄託)
愛媛県指定有形文化財(絵画)

常定寺(西予市宇和町)を創建した回塘重淵の肖像画。彼は室町時代初期(南北朝期)の南予の禅僧で、宇和に生まれ、虎関師錬国師に師事し、同寺創建時に国師を開山に請じ、自らは二世となった。上部に東福寺四十三世性海霊見の賛がある。当時禅宗では独立の際に師の肖像画と印可状が与えられたが、虎関師錬像とともに同寺に残る禅僧の肖像画(頂相)も、中世南予地域での禅宗の広がりの一端を示す資料といえる。

作品所在地の地図

関連リンク

回塘重淵像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

虎関師錬像
伊予宇和島藩領地図(元禄伊予国絵図部分)
西予市宇和町卯之町
安東円恵像
観光の南伊予
観光の南伊予

吉田初三郎

ページトップへ