桐違鷹羽蝶紋蒔絵箪笥 キリチガイタカノハチョウモンマキエタンス

その他の画像全7枚中7枚表示

漆工 

幅:41.8cm 奥行:30.7cm 高:45.9cm
1基

前面に慳貪蓋(けんどんぶた)をつけた縦長の箪笥。内部は後世に桧製の棚が加えられ、茶道における旅箪笥となるよう改造されている。黒漆地に金平蒔絵(きんひらまきえ)、絵梨地(えなしじ)の組み合わせで、桐紋、丸に違鷹羽(ちがいたかのは)紋、揚羽蝶(あげはちょう)紋を迫力満点に描いており、これらの家紋を用いた武家にゆかりの品と想像される。違鷹羽紋を用いる浅野幸長(あさのゆきなが)(一五七六~一六一三)が、揚羽蝶紋を用いる池田恒興(いけだつねおき)の娘(輝政(てるまさ)の異母姉妹)を正室に迎えているので、この婚姻に関わる調度であったかもしれない。

作品所在地の地図

関連リンク

桐違鷹羽蝶紋蒔絵箪笥チェックした作品をもとに関連する作品を探す

村梨子地杏葉紋揚羽蝶紋散鼻紙台
黒漆塗花杏葉紋桐唐草蒔絵飯櫃・杓子
秋草蒔絵香箪笥
梨子地松竹梅鶴亀蒔絵碁盤 碁笥添
枝垂桜祇園守蒔絵見台
ページトップへ