Ariatopaetusu

アッリアとパエトゥス

Details

Ariatopaetusu

アッリアとパエトゥス

彫刻

ピエール・ルポートル(1660-1744)の大理石のオリジナルによる

るぽーとる、ぴえーる(1660-1744)のだいりせきのおりじなるによる

フランス

原作(大理石)1685-1695年、鋳造1890年頃

ブロンズ

高130.8cm、幅90.0cm、奥行68.0cm

1

紀元後42年、皇帝への陰謀の罪で死刑を命じられた夫パエトゥスの妻アッリアは、自らの胸を突いた後、その短剣を夫に手渡しながら「パエトゥスよ、痛くはありませんよ」と言い、夫に慰めと手本を示して勇気づけたとされる。この出来事は、女性の美徳と勇気を表すエピソードとして、古代ローマ人の心に深く刻まれた。原作の大理石像はルーヴル美術館所蔵。

Related Works

Search items related to work chosen