文化遺産オンライン

街の掃除夫

作品概要

街の掃除夫

油彩画

清水登之  (1887-1945)

シミズ、トシ

大正14年/1925

油彩・キャンバス・額・1面

81.0×65.0

右下に署名、年記

14回二科展 東京府美術館 1927

97 清水登之(1887−1945) 街の掃除夫 1925年
 栃木県生まれ。1907年単身アメリカへ渡り、労働者として各地を転々とした後シアトルで画塾に入門し絵を学ぶ。その後ニューヨークへ渡り、当時のアメリカ社会を主題に制作した「アメリカン・シーン」の画家ジョン・スローンに師事。24−26年渡仏。29年第16回二科展で樗牛賞。翌年独立美術協会創立に関わり、以後同展に出品を重ねた。
 アメリカで独自のプリミティヴな画風を確立した清水であるが、念願であったフランス滞在期、色彩面でより大胆な展開をみせるなど作品は格段に洗練されていく。この《街の掃除夫》では、アメリカ時代同様、街に暮らす人々の何気ない一コマがモチーフとなっているが、とりわけ中央の二人の掃除夫のたくましい逆三角形の上半身と、それに比してアンバランスに短い足の描写は清水特有のユーモラスな人物表現である。また足元の犬のみが俯瞰する視点から描かれている点などにはキュビスムの多視点構図の影響があるとも言われている。

街の掃除夫をもっと見る

清水登之をもっと見る

東京国立近代美術館をもっと見る

キーワード

清水 / 二科展 / 登之 / アメリカ

関連作品

チェックした関連作品の検索