蔵の郷土館齋理屋敷避雷針用鉄塔 くらのきょうどかんさいりやしきひらいしんようてっとう

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 昭和以降 / 東北 

宮城県
昭和前/1926-1945
鉄骨造、高さ26m
1基
宮城県伊具郡丸森町字町西25
登録年月日:20110126
丸森町
登録有形文化財(建造物)

業の蔵の東側に建つ。鉄骨造、高さ二六メートル。等辺アングル材をボルト接合によりシングル・ワーレントラスに組む。縦材は西側を垂直、東側を下部八割まで屈曲させ、上部は西縦材と平行に建てる。個人住宅に設置された避雷設備で、地域の近代化を示す。

作品所在地の地図

関連リンク

蔵の郷土館齋理屋敷避雷針用鉄塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蔵の郷土館齋理屋敷電線用石柱
蔵の郷土館齋理屋敷外灯
蔵の郷土館齋理屋敷業の蔵
蔵の郷土館齋理屋敷嫁の蔵
蔵の郷土館齋理屋敷住の蔵
ページトップへ