金刀比羅宮旭社 ことひらぐうあさひのやしろ

その他の画像全3枚中3枚表示

宗教建築 / 江戸 / 中国・四国 

香川県
江戸末期/1837
桁行五間、梁間五間、二重、入母屋造、向拝三間、軒唐破風付、背面中央部突出、銅瓦葺
1棟
香川県仲多度郡琴平町
重文指定年月日:19820216
国宝指定年月日:
金刀比羅宮
重要文化財

金刀比羅宮の旧神宮寺の金堂として建立された。下重が方五間の大規模な二重仏堂で、明治に仏壇を廃して神座に改めている。意匠や細部手法がきわめて近世的で、上重の彫刻化した尾垂木や板軒、随所に嵌め込まれた彫刻等は、よく江戸時代末期の特徴を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

金刀比羅宮旭社チェックした作品をもとに関連する作品を探す

国分寺金堂
志度寺 本堂
大前神社 拝殿及び幣殿
高座神社本殿
妙義神社 本殿・幣殿・拝殿
ページトップへ