つち

油彩画 

桂ゆき (1913(大正2)年-1991(平成3)年)
カツラ・ユキ
昭和14年/1939年
油彩・画布
61.0×50.0
1面

東京都出身の桂ゆき(1913―1991)は、戦前から先鋭的な作品を発表し、前衛画家として活躍します。自由な表現への志向を自覚し、自分の感覚の表現としてたどり着いた手法が、布や紙を画面に直接貼り付けるコラージュ技法でした。
この作品では、兎や蛾、木の根や人といった数々のモティーフが、現実世界での比率や脈絡を無視して不統一に並びます。一見すると、コラージュ作品のようですが、すべて描画によるもの。筆と絵の具で同様の効果を生む、機知やユーモアも感じられます。自然豊かな環境に生まれ、植物や昆虫に親近感を抱いて育った作者は、画家となって後も、古典的な絵画のモティーフに共感できず、「祖先から皮膚におなじみの、もっと卑近な、もっとフレッシュな、私の魂にふれる」ものを必要としました。さまざまな生きものが混在する本作の画面からは、制作の源ともいうべき、身近でささやかな事物への偏愛が感じられます。

作品所在地の地図

関連リンク

チェックした作品をもとに関連する作品を探す

AZAMI
AZAMI

東郷青児

動物
動物

丸木スマ

作品MWB
作品MWB

岡部繁夫

見物客
見物客

三岸好太郎

裸婦半身像
裸婦半身像

ドガ、エドガー

ページトップへ