医王寺薬師堂 いおうじやくしどう

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 江戸 / 東北 

宮城県
江戸時代中期
建築構造は、方2間(正面のみ3間)、屋根形状は宝形造で、もとは銅瓦葺きとの寺伝があり現在は桟瓦葺になっている。礎石の上に建つ。四方に高欄の付いた縁が巡り、前面に向拝が付く…
南北5.325m、東西6.313m
1棟
宮城県東松島市宮戸字大竹和田5番地
東松島市指定
指定年月日:20121122
有形文化財(建造物)

薬師堂正面左手に延宝五年銘の石灯籠がある。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

医王寺薬師堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

箟峯寺観音堂、白山堂、仁王門
常楽寺薬師堂
木造薬師三尊、不動明王・毘沙門天立像並びに十二神将立像
陸奥国分寺薬師堂
石堂寺薬師堂
ページトップへ