浄土ヶ浜 じょうどがはま

その他の画像全3枚中3枚表示

海浜 / 江戸  明治  大正 / 東北 

岩手県
指定年月日:
管理団体名:
宮古市
史跡名勝天然記念物

 三陸海岸の宮古湾の西岸から湾内に突き出た臼木(うすぎ)半島の北東端部には,乳白色の岩塊群とその内側の礫浜(れきはま)からなる浄土ヶ浜の海浜が展開する。
 浄土ヶ浜の地形は,約12万5千年前から約1万8千年前の最終氷期に海面が下がった後,約7千年前までに進んだ海面の上昇の過程で岩塊が削られてできあがったものと考えられている。
 岩塊と礫浜は,流紋岩(りゅうもんがん)からなり,照り耀(かがや)くような美しい乳白色を呈する。大きな岩塊の上方付近は波の影響を受けにくく,アカマツを中心とする植物が岩面に張り付くように生育している。海面から天を鋭く突くかの如く連なって並ぶ乳白色の岩塊群と,その上部を穏やかに彩る緑の樹叢(じゅそう)との対比が,浄土ヶ浜の風致景観を際立ったものとしている。
 浄土ヶ浜の風致景観は,江戸時代の紀行文などにおいて,自然が造形した「浄土」の光景として広く紹介されるようになり,近代においては,宮沢賢治が昆布の干場として使われた浄土ヶ浜の礫浜の風景を短歌に詠んだ。
 その名所としての風致景観の価値は高く,よって名勝に指定し保護するものである。

関連リンク

浄土ヶ浜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

姫島の黒曜石産地
須賀利大池及び小池
七里岩
三井楽(みみらくのしま)
ティンダバナ
ページトップへ