「浜下り」木芯桐塑紙貼 「はまうり」もくしんとうそかみはり

その他 / 昭和以降 

秋山信子 (1928~)
あきやま のぶこ
平成12/2000
高34.0
1躯
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
第47回日本伝統工芸展
国(文化庁)

 衣裳人形の制作技法は、木彫、桐塑(桐材の木粉と生麩糊を練り合わせた粘土状の材料)などで素地を作り、衣裳を仕立てて着せ付けたり、木目込、胡粉、彩色などで仕上げを行うものであり、幅広い内容を持っている。
 この作品の衣裳は、藍染の布を木目込んだり、銀砂子を散らすことによって、青々とした海の雰囲気を表現するよう工夫されている。旧暦3月3日、一年に一度の「女の祭」として浜辺で歌や踊りに興じ、五穀豊穣を祈願する八重山の女性の姿を題材にした作品。

作品所在地の地図

関連リンク

「浜下り」木芯桐塑紙貼チェックした作品をもとに関連する作品を探す

衣裳人形
青衣女人
青衣女人

林駒夫

左近の桜
左近の桜

林駒夫

桐塑人形
桐菱形輪花盛器
桐菱形輪花盛器

中台瑞真

ページトップへ