金光明最勝王経註釈 巻第二断簡(飯室切) こんこうみょうさいしょうおうきょうちゅうしゃく

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 平安 / 日本 

日本
平安時代
紙本墨書
縦28.6㎝ 長101.8㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-21
根津美術館
重要文化財

褪せた浅葱の紙に、本文を大字に、註を双行に書写しており、平安初期の雄勁なる書風を伝える。ところどころに胡粉の書き入れがあり、古来本文の書写を嵯峨天皇とし、胡粉の書き入れを弘法大師と伝えるが、書風は嵯峨天皇の宸翰として知られる延暦寺の「光定誡牒」とは異なり、また胡粉の書き入れも弘法大師の筆との確証はない。比叡山横川飯室別所に伝わったので、その断簡は「飯室切」と称されている。『金光明経最勝王経』は奈良時代以来数多く書写されているが、その註釈本を書写したものははなはだ少なく、古くよりこの断簡は古筆切として珍重され、ことに本巻のような長尺は稀少である。なお本館には平安初期の白点本として、『四分比丘尼戒本』一巻も蔵される。

作品所在地の地図

関連リンク

金光明最勝王経註釈 巻第二断簡(飯室切)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金光明最勝王経註釈 巻第二・巻第四断簡(飯室切)のうち巻第二
金光明最勝王経注釈断簡(飯室切本)
飯室切
飯室切
飯室切

嵯峨天皇

金光明最勝王経註釈〈巻第二断筒/(飯室切)〉
ページトップへ