正平塔 しょうへいとう

その他 / 九州 

福岡県
宝塔。金剛界王仏を示す梵字が刻まれている。 正平18(1363)調衆建立。正平14(1359)年多数の戦没者が出た、筑後川の戦い(大保原合戦)の霊を供養するために建立されたもの。屋外で地元管…
福岡県うきは市吉井町千年506
うきは市指定
指定年月日:19811101
中津留 雄二
記念物

調衆一門が建立したもの。調衆一門は、黒木助能を始祖とする星野、黒木、川崎の三氏の総称で、なかでも星野氏は耳納連山に複数の山城を拠点として吉井周辺を支配していた。
南北朝の戦乱には、肥後の菊地氏と征西将軍懐良親王を奉じて南朝に尽くした。北朝の武家側とは幾度も戦い、多くの命が失われた。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

正平塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

法華経
法華経

懐良親王筆

安富古墳
不動明王模様鹿革 陣羽織
星野家文書
田中城跡
ページトップへ