正保御城下絵図 しょうほうごじょうかえず

その他の画像全2枚中2枚表示

歴史資料  絵図・地図 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

佐賀県
正保年間・天保3年書写/1832年
紙本着色 掛幅装
竪154.8cm 横104.8cm
1幅
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

正保御城下絵図は2点が残るが、ともに原本ではない。本図は天保3年(1832)の書写本で、もう1点は天保書写本をもとにした明治22年(1889)の再書写本である。慶長期では描かれていなかった唐人町が本図で初出し、西限も広がって六座町までだった慶長期に対し本図では長瀬町まで描かれている。こうして正保期に広がった城下の北限と西限は、これ以降の各期においてもほぼ変わらない。町名の記載が始まるのも正保期で、長瀬町、六座町、唐人町、白山本町、高木町新町、上今宿町の六町名が記されている。ただし町屋を表す模式的な家形が連なる地域はこの六町以外にも広がっているから、当時存在した町名すべてを記載しているわけではない。

作品所在地の地図

関連リンク

正保御城下絵図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

慶長御積絵図
元文佐賀城廻之絵図
承応佐賀城廻之絵図
正保肥前国絵図
寛永御城并小路町図
ページトップへ