黄帝内経太素〈巻第二十一、第二十七〉 こうていないけいたいそ

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 平安 / 近畿 

大阪府
平安時代
紙本墨書、巻子装
巻第二十一 縦28.0cm 全長750.0cm
巻第二十七 縦28.0cm 全長980.0cm
2巻
大阪府大阪市淀川区十三本町2-17-85
重文指定年月日:20080710
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人武田科学振興財団
国宝・重要文化財(美術品)

『黄帝内経太素』は、中国の医書である『黄帝内経』の注釈書で30巻からなる。注釈は隋の大業年間(605~617)に楊上善が行った。本書は仁安3年(1168)丹波頼基の書写になる最古写本で、医家として著名な丹波家に伝来したものである。日本における医学研究のあり方を伝えるのみならず、東洋医学史上にも貴重な史料である。

作品所在地の地図

関連リンク

黄帝内経太素〈巻第二十一、第二十七〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

医心方(半井家本)
新修本草巻第十五
玉篇巻第九零巻
宝要抄
延喜式(九條家本)
ページトップへ