新修本草巻第十五 しんしゅうほんぞうまきだいじゅうご

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 鎌倉 / 近畿 

大阪府
鎌倉
紙本墨書
縦29.5㎝ 全長1220.0㎝
1巻
大阪府大阪市淀川区十三本町2-17-85
重文指定年月日:20090710
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人武田科学振興財団
国宝・重要文化財(美術品)

『新修本草』は、唐高宗の勅によって顕慶四年(659)李勣らが新たに修訂したもので、20巻からなる本草書である。「本草」とは医療に用いる薬石のことで、動植物を主とした薬物に関する学問をいう。
本巻は『新修本草』の獣禽部巻第15に該当する。鎌倉時代前期の書写になる最古写本で、僚巻の国宝仁和寺本とともに古態を伝える稀覯本であり、東洋医学史上に貴重である。巻末には「天平三年歳次辛未七月十七日書生田邊史」と本奥書があり、奈良時代に将来していたことを示す最古の記録として注目される。

作品所在地の地図

関連リンク

新修本草巻第十五チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宝要抄
黄帝内経太素〈巻第二十一、第二十七〉
医心方(半井家本)
新修浄土往生伝巻上、下
浄名玄論
ページトップへ