教訓抄〈巻第十/〉 きょうくんしょう

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 鎌倉 / 近畿 

京都府
鎌倉/1317
1巻
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19690620
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

「教訓抄」(十巻)は鎌倉時代狛近真【こまのちかざね】が著わしたわが国最古の舞楽書。楽曲や楽器の由来・奏法・逸話などを蒐録してあり、雅楽研究上重要な典籍となっている。本巻は巻第十の打物案譜法を書写したもので、大鼓・鉦鼓・楷鼓などの譜や奏法・口伝等が記されている。書写年代は鎌倉後期の文保元年(一三一七)で、筆者の豊原兼秋は後醍醐天皇の笙師であった。紙背には豊原家相伝の荒序舞の古記録二種の抄記や応永元年豊原量秋【かずあき】追記の当道相伝事などがある。雅楽書の古写本として注目されるものである。

作品所在地の地図

関連リンク

教訓抄〈巻第十/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

玉篇巻第九零巻
浄名玄論
新古今和歌集〈自巻第一至巻第十五/〉
本朝文粋巻第六
円仁入唐求法目録〈開成四年四月二十日/〉
ページトップへ