Shuuchuusho

袖中抄

Details

Shuuchuusho

袖中抄

その他 / 鎌倉 / 南北朝 / 近畿

鎌倉時代~南北朝時代

紙本墨書 巻子装

12巻

重文指定年月日:20060609
国宝指定年月日:
登録年月日:

公益財団法人冷泉家時雨亭文庫

国宝・重要文化財(美術品)

『袖中抄』は、文治年間(1185~1190)頃に顕昭が著したもので、二十巻からなる。平安末・鎌倉初期における代表的な歌学書の一つである。『万葉集』以下の諸歌集にみえる難解な語句の注解で、最初に自説を述べ、次いで諸説を原文のまま掲げて批評する。書写年代、筆者などから、高松宮本(重要文化財)ともと一具であることが知られる『袖中抄』の現存最古写本である。

Related Works

Search items related to work chosen