後北C2・D式土器 こうほくしーつーでぃーしきどき

考古資料  土器・土製品類 / 日本  北海道  北海道 

続縄文時代
器高17cm、口径17cm
常呂川河口遺跡
900号土坑
北見市教育委員会

後北C2・D式の注口土器。土坑墓に副葬されたもので、出土時は注口部が内側に向けられ、正立の状態であった。
口唇部の外側に刻みが施され、注口部を起点に縞縄文が三角形状に施されている。注口部は長さ1.5cm、幅1.5cmで、斜め上方に突出している。また、内部には多量の煤が付着していた。

作品所在地の地図

関連リンク

後北C2・D式土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後北C2・D式土器
後北C1式土器
田名塩田遺跡群出土の真脇式土器
鈴谷式土器
幣舞式土器
ページトップへ