後北C1式土器 こうほくしーわんしきどき

考古資料  土器・土製品類 / 日本  北海道  北海道 

続縄文時代
器高31.5cm、口径24.5cm
TK-66遺跡
106号土坑出土
北見市教育委員会

土坑内に伏せた状態で見つかった深鉢形土器。ほぼ完形で、部分的にひびが入った箇所には補修孔が1対空けられている。文様は胴下半部に縦方向の縄文、上半部には横方向の縄文とともに隆起線がつけられており、特に隆起線による眼鏡状のデザインが特徴的である。
同じ土坑には完形の宇津内IIa式の深鉢形土器も共伴しており、2つの型式の関係を知る上でも重要な出土例である。

作品所在地の地図

関連リンク

後北C1式土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後北C2・D式土器
安道寺遺跡出土品
壺形土器
深鉢形土器/岩手県盛岡市繋字館市出土
深鉢形土器
ページトップへ