後北C2・D式土器 こうほくしーつーでぃーしきどき

考古資料  土器・土製品類 / 日本  北海道  北海道 

続縄文時代
器高29cm、口径26.5cm
常呂川河口遺跡
988号土坑出土
北見市教育委員会

土坑墓に副葬された深鉢形土器の完形復元品である。2個1対、1個1対の小突起をもち、微隆起帯と帯縄文が放射状、菱形状に施されている。
後北C2・D式土器は続縄文時代後半期の北海道全域に分布し、サハリン南部・南千島、東北地方、越後平野まで広範囲に拡散した土器型式であり、この時期の常呂地域でも多数出土している。

作品所在地の地図

関連リンク

後北C2・D式土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後北C1式土器
後北C2・D式土器
下田ノ沢II式土器
カリンバ遺跡
鈴谷式土器
ページトップへ