注口付き壺型土器 ちゅうこうつきつぼがたどき

その他の画像全2枚中2枚表示

土器・土製品類 / 縄文 / 関東 

不明
埼玉県
縄文/BC2500
縄文時代中期後半(約4,500年前)の所産で、加曽利EⅡ式土器に比定される。口縁部は、やや外傾し、口唇部に地文を施し、直下に断面台形の鍔を巡らしており、有孔鍔付土器にも…
器高22.7㎝(注口部高さ20.7㎝)、口径14.3㎝、最大径22.0㎝、底径7.7㎝、器厚0.7~1.6㎝。
1個
埼玉県狭山市稲荷山1-23-1
狭山市指定
指定年月日:20190701
狭山市 狭山市長
有形文化財(美術工芸品)

特に無し

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

注口付き壺型土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

田名塩田遺跡群出土の真脇式土器
大日野原遺跡出土の土偶付深鉢形土器及び人体文深鉢形土器
長池町遺跡出土弥生土器(櫛描流水文壺・櫛描直線文壺)
海道前C遺跡土坑出土品
神明貝塚出土の堀之内式組合せ土器
ページトップへ