聖観音立像 しょうかんのんりゅうぞう

その他の画像全2枚中2枚表示

彫刻 / 奈良県 

平安時代 10世紀
木造 榧材 一木造 彩色 彫眼 立像
像高172.5
1躯

 京都府亀岡市西南部、大阪府との境界付近に位置する大宮神社境内の仏堂には、かつて10体もの本格的な平安仏が安置されていた。いずれも同地にあった万願寺の旧仏とみられるが、うち9体が巷間(こうかん)に流出するという運命をたどった。本像はその中の1体。内刳(うちぐり)のない古式の一木造(いちぼくづくり)の構造、腰をひねって右足を浮かせる姿態、筒型の宝冠、面長に比して面幅が広い肉感的な頭部など、9世紀以来の正統的な密教彫刻の系譜を引く要素が目立つが、抑制の効いた彫り口、やや華奢(きゃしゃ)な上体の肉取りなどから、10世紀後半の作とみられる。

なら仏像館 名品図録. 奈良国立博物館, 2010, p.101, no.129.

作品所在地の地図

関連リンク

聖観音立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

十一面観音立像
多聞天立像
如意輪観音坐像
釈迦如来立像(出山釈迦立像)
如来立像
ページトップへ