餞別 せんべつ

その他の画像全3枚中3枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 佐賀県 

山本常朝 (1659~1719)
やまもとじょうちょう
正徳5年/1715
紙本墨書 巻子装
縦16.3cm 全長244.2cm
1巻
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

本書は、佐賀藩士山本常朝が養子に迎えた山本吉三郎(権之丞)に対し、正徳5年(1715) 江戸屋敷の御使者番に任ぜられた際に与えた自筆の教戒状。「養生肝要、…(中略)…無病になくては御奉公成就なるべからず、これ兼ねて身持ち心持ち次第に成る事なり」などと激励。冒頭は「我等所存相続が第一の孝行に候」で始まるが、この餞別も空しく権之丞は同年に江戸で病死した(38歳)。その跡は藩士永山九右衛門貞清の弟が継ぎ、山本常皎(神右衛門・傳左衛門)と名乗った。

作品所在地の地図

関連リンク

餞別チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山本神右衛門常朝年譜
愚見集
愚見集

山本常朝

中野神右衛門清明年譜
山本神右衛門重澄年譜
乍恐書置之覚
乍恐書置之覚

山本常朝

ページトップへ