山本神右衛門常朝年譜 やまもとじんえもんじょうちょうねんぷ

その他の画像全3枚中3枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 佐賀県 

山本常朝 (1659~1719)
やまもとじょうちょう
享保4年/1719
紙本墨書 冊子装
縦26.7cm 横20.2cm
1冊
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

佐賀藩士山本常朝(神右衛門/1659~1719)が自筆で記した自らの年譜。冒頭には、「万治二年己亥六月十一日辰の時、佐嘉片田江横小路屋敷にて出生仕候。父は山本神右衛門重澄、法名孝白善忠。母は前田作右衛門女、法名紅室妙桂」とあり、出生の日時と場所、両親の記述から始まっている。常朝が誕生する五年前にあたる承応3年(1654)に製作された承応佐賀城廻之絵図には、「片田江北より五番横小路(中ノ橋小路)」の北側に、「山本神右衛門尉」として父重澄の名が見え、年譜で「片田江横小路屋敷」と略記されている生誕地の場所を詳細に知ることができる。

作品所在地の地図

関連リンク

山本神右衛門常朝年譜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山本神右衛門重澄年譜
中野神右衛門清明年譜
餞別
餞別

山本常朝

承応佐賀城廻之絵図
愚見集
愚見集

山本常朝

ページトップへ