尺時計 しゃくどけい

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 江戸 / 佐賀県 

江戸時代後期
右:底部5cm×5.5cm、長さ41.5cm 左:底部4.8cm×5.4cm、長さ36,3cm
2本
佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1 武雄市図書館・歴史資料館
武雄市

 国産、壁掛け用の時計。江戸時代の日本は、日の出、日の入りの時刻変化で一刻(約2時間)の長さが変化する不定時法であった。これに対応するため、時刻板の数字が動かせ、一刻の幅を変えることが出来る作りになっている。時刻板の数字は、一つは漢数字(写真右)、一つはローマ数字(写真左)で書かれている。
 佐賀藩武雄領が行なった貿易港長崎でのさまざまな物品購入の記録である「長崎方控」には、長崎の細工師金子吉兵衛への注文に「一 高サ一尺一寸位常ノ仕立テ四ツ半 前時示蘭文字昼夜二十四時ニ〆」と記されるなど、随所に「尺時計」の記述が見られる。

関連リンク

尺時計チェックした作品をもとに関連する作品を探す

キリシテル
キリシテル

金子吉兵衛

コンパツ
測量器具
オルゴール時計
半円儀
半円儀

金子吉兵衛

ページトップへ