日野切(千載集巻第十四断簡) ひのぎれ

 / 鎌倉 / 日本 

藤原俊成 (1114〜1204)
ふじわらのしゅんぜい
日本
鎌倉時代
紙本墨書
縦23.0㎝ 横16.1㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-135
根津美術館
重要美術品

斐紙に自撰の『千載和歌集』を書写した胡蝶装冊子本の断簡である。俊成(1114〜1204)は藤原基俊に和歌を学び、書風の影響もうけている。これと別の自筆『千載和歌集』を文治4年(1188)に後白河法皇に献じていることが、定家の『明月記』に見える。もと日野家に伝来したことによって、この名がある。これは巻十四・恋四の部分である。

作品所在地の地図

関連リンク

日野切(千載集巻第十四断簡)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

千載集巻第十一断簡〈(日野切)/(待賢門院のほりかは あらいその)
千載和歌集断簡 日野切
千載和歌集断簡 日野切

藤原俊成(1114~1204)筆

古今和歌集
古今和歌集

藤原為氏

藤原俊成自筆書状〈三月六日/左少弁殿宛〉
後撰和歌集巻第十断簡〈(白河切) /(人しらす あまのとを)〉
ページトップへ