千載集巻第十一断簡〈(日野切)/(待賢門院のほりかは あらいその) せんざいしゅうまきのだいじゅういちだんかん〈(ひのぎれ)/(たいけんもんいんのほりかわ あらいその)〉

 / 平安 / 関東 

藤原俊成
東京都
平安/12世紀後半
掛幅装、紙本墨書、本紙寸法 22.0㎝×15.5㎝
1幅
東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:
国宝指定年月日:
登録年月日:20130617
登録美術品

 本作品は「日野切」と呼ばれる古筆切で、『千載和歌集』の断簡である。
 筆者は藤原俊成(1114~1204)である。本文は、撰者の俊成が文治四年(1188)に奏覧した勅撰集『千載和歌集』のうち、巻第十一恋歌一の三首に該当する。書風は、独特の癖のある鋭く変化にとんだ筆運で、俊成七十歳代の筆跡ながら、力強く筆力の充実した書である。
 「日野切」は撰者自筆本として、国文学上の価値は高い。また、長く尊重されてきた名物切の名筆として書道史上にも重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

千載集巻第十一断簡〈(日野切)/(待賢門院のほりかは あらいその)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後撰和歌集巻第十断簡〈(白河切)/(いまはといふ)〉
後撰和歌集巻第一断簡〈(白河切)/(たいしらす ひとこゝろ)〉
後撰和歌集巻第九断簡〈(白河切)/(おもひかは)〉
後撰和歌集巻第九断簡〈(白河切)/(すみよしのきしのしらなみ)〉
後撰和歌集巻第十断簡〈(白河切) /(人しらす あまのとを)〉
ページトップへ