文化遺産オンライン

千載和歌集断簡 日野切「いましはし」

せんざいわかしゅうだんかん ひのぎれ いましばし

作品概要

千載和歌集断簡 日野切「いましはし」

せんざいわかしゅうだんかん ひのぎれ いましばし

藤原俊成筆

平安~鎌倉時代 12世紀

紙本墨書

縦22.1 横15.0

1幅

藤原俊成(1114-1204)が素紙に自撰の『千載和歌集』巻第12の末尾3首を書写した冊子本の断簡。日野家に伝来したことから「日野切」の名を持つ。江戸時代初期には分断されていたとみられる。俊成の遺墨には「昭和切」や「了佐切」があるが、それらと比べて本品には、俊成の独特な鋭く変化に富んだ筆致がよくあらわれており、本品は俊成の老年期の代表的な遺墨であるといえる。

千載和歌集断簡 日野切「いましはし」をもっと見る

藤原俊成筆をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

俊成 / 和歌集 / 藤原 / 断簡

関連作品

チェックした関連作品の検索