千載和歌集断簡 日野切 せんざいわかしゅうだんかんひのぎれ

その他の美術   / 平安  鎌倉 / 日本 

藤原俊成(1114~1204)筆
ふじわらとしなり
平安時代後期~鎌倉時代/文治四年(1188)頃写
紙本墨書
縦22.2cm 横15.5cm
1幅
重要美術品

素紙にくせのある力強い筆致で、和歌が書かれている。この、ただならぬ 個性を感じさせる字は、歌人として名高い藤原俊成のものである。俊成は、後白河法皇の院宣を受けて、第7番目の勅撰集『千載和歌集』を撰集した。本葉は、同歌集巻第十六からの断簡で、撰者自身の筆になるという点で、とりわけ価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

千載和歌集断簡 日野切チェックした作品をもとに関連する作品を探す

千載集巻第十一断簡〈(日野切)/(待賢門院のほりかは あらいその)
日野切(千載集巻第十四断簡)
仮名消息
仮名消息

藤原俊成筆

周防内侍集〈藤原俊成筆/〉
手鑑「たかまつ」(百八十六葉)
ページトップへ