文化遺産オンライン

古今和歌集断簡(了佐切)

こきんわかしゅう りょうさぎれ

作品概要

古今和歌集断簡(了佐切)

こきんわかしゅう りょうさぎれ

/ 平安

藤原俊成筆

平安時代・12世紀

彩箋墨書

1幅

平安時代末期の歌人、歌(か)学(がく)者(しゃ)として著名な千(せん)載(ざい)集(しゅう)の撰(せん)者(じゃ)でもあった藤原俊成(しゅんぜい)が書写した『古今和歌集』の断簡。後世「俊成風」と呼ばれる奇癖の強い書風が特徴的。後に古(こ)筆(ひつ)了佐(りょうさ)が極札(きわめふだ)をしたためたことにちなみ「了佐(りょうさ)切(ぎれ)」と呼ばれる。同集巻第六冬歌の部分の書写である。

古今和歌集断簡(了佐切)をもっと見る

藤原俊成筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

古今 / 断簡 / 和歌集 /

関連作品

チェックした関連作品の検索