龍笛 銘 八千代(筒・袋共) りゅうてき めい やちよ

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代後期
竹製樺巻 透漆塗 内部朱漆塗
全長39.8cm 首径2.1cm 尾径1.9cm
1管
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

横笛である龍笛は、おもに唐楽の演奏に用いられる。主旋律を受けもつ篳篥に比べ、はるかに広い音域をもつ龍笛は、旋律に彩りを添え装飾的な奏法も多くみられる。本品は節部に金平蒔絵で「八千代」の銘をもつ。朱漆を縁に塗った吹口は大きい。黒漆塗の筒には金平蒔絵で群れ飛ぶ千鳥をあらわす。三條宰相中将実義朝臣の短冊「八千代といへる笛を いせの海のなみまの千鳥なくこゑも やちよとのミやすみわたるらむ 實義」が添えられている。

作品所在地の地図

関連リンク

龍笛 銘 八千代(筒・袋共)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

龍笛「朝戸出」(袋共)
篳篥
篳篥「秋風」(筒共)
龍笛
龍笛 銘 杉村
ページトップへ