しょう

その他 

江戸時代後期
竹製 木製
全長47.0cm 竹管長40.2cm
1管
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

雅楽の中で、篳篥・龍笛とともに三管と称され主旋律を奏でる笙。明治時代に宮内省式部長をつとめた侯爵鍋島直大の所用品として使い込まれたものとみられ、指穴の擦れた箇所が朱漆で補修され、また匏の金沃懸地は擦り減って下地が露出している。10代鍋島直正から長女貢姫(松平慈貞院)、そして直大へと伝来した銘「唐衣」の箱に納められて伝来した。朱地孔雀に牡丹文錦袋入り。

作品所在地の地図

関連リンク

チェックした作品をもとに関連する作品を探す

笙(笙本袋共)
笙(笙本袋共)

神田定祥

龍笛
笙「寿」(笙本袋共)
篳篥
篳篥「秋風」(筒共)
ページトップへ