平田家訓(付、吉田松陰書込) ひらたかくん(つけたり、よしだしょういんかきこみ)

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 山口県 

吉田松陰 (1830~1859)
よしだしょういん
山口県
安政6年5月/1859
墨書・和綴
縦23.5、横16.0(cm)
1冊
山口県萩市大字堀内355番地
杉家寄贈
萩博物館

吉田松陰が実妹に助言を書き添えて贈った書物。松陰は安政の大獄により江戸へ送られる直前の安政6年(1859)5月、この「平田家訓」という教訓書を妹の寿(ひさ)へ贈った。そのさい表紙の裏に、この一冊は女性の教えというわけではないが、人の母ならこの程度は身につけておく必要があるとの旨書き添えた。また、あなたがこれを理解できるなら書物の筆写料は安いものとも述べている。当時21歳であった寿は、小田村伊之助(のちの楫取素彦)と結婚しており、すでに篤太郎という名の男の子をもうけていた。

作品所在地の地図

関連リンク

平田家訓(付、吉田松陰書込)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉田松陰自賛
吉田松陰自賛

吉田松陰

吉田松陰書簡
吉田松陰書簡

吉田松陰

吉田松陰書簡
吉田松陰書簡

吉田松陰

仮名挿入皇朝名臣伝
仮名挿入皇朝名臣伝

中澤寛一郎

太華山県先生に与へて講孟箚記の評を乞ふ書
ページトップへ