髙添家住宅和館 たかぞえけじゅうたくわかん

住居建築 / 昭和以降 / 近畿 

兵庫県
昭和中/1954
木造平屋建、瓦葺、建築面積104㎡
1棟
兵庫県宝塚市雲雀丘山手一丁目148
登録年月日:20161129
登録有形文化財(建造物)

中央に玄関を設け、玄関北には食堂と台所、東には座敷飾を持つ八畳を設けて縁を廻し、西には旧茶室を配する。八畳間は、磨き丸太を床柱として、黒漆塗の床框とするなど良材を用いる。洋館からの渡廊下は弓型の船底天井とするなど、意匠を凝らした仕様を見せる。

作品所在地の地図

関連リンク

髙添家住宅和館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

石田家住宅主屋
髙添家住宅洋館
髙添家住宅土蔵
阿江家住宅主屋南・東棟
正司家住宅和館
ページトップへ